クリニック看護師の志望動機の書き方とは?例文付きで解説

公開日:2024/05/23 更新日:2024/05/23
記事サムネイル画像

クリニックで看護師として働きたい、これまで病院で勤務していたけれどクリニックに転職したい場合、志望動機の欄をどのように書くべきか悩む方もいるでしょう。

この記事では、クリニック看護師を目指す際に、志望動機として書くべきポイントや例文を解説します。

履歴書を書く際の参考にしてください。

クリニック看護師の志望動機で書くべきポイント

クリニック看護師を目指すときには、以下のポイントを志望動機に盛り込むのがおすすめです。

  • そのクリニックを選んだ理由
  • 自分の強み
  • これまでの実績

それぞれ解説します。

そのクリニックを選んだ理由

クリニック看護師の志望動機は「数あるクリニックのなかから、なぜそこを選んだのか」を明確にして記入することが大切です。

理由を深堀りすることで、採用担当者へ熱意が伝わりやすくなります。

たとえば「寄り添う医療を提供する」という理念が自分の看護観に合っていると感じた場合には「患者さまの背景まで踏まえて一人ひとりに深く関わりたい」などと書いてもよいでしょう。

志望するクリニックが家から近いことに魅力を感じた場合には「住民から質の高い医療を評価される声を聞き、自分もその一員として働きたい」と伝えるのも効果的です。

また「自身の経験とスキルを活かして、長く貢献したい」など、長く働きたい意欲があることを伝えるのもおすすめです。

明確な理由を見つけるためには、あらかじめ理念や仕事内容、医療体制、教育制度などクリニックの特徴を調べておく必要があります。

クリニックの特徴を深く知っていることをアピールすると、好印象を残しやすくなります。

自分の強み

クリニック看護師の志望動機では、自分の強みをうまくアピールしましょう。

クリニックに貢献できると判断されると、有利になります。

たとえば、自分が過去に患者を経験していれば、心理状態に共感して寄り添えることが強みとなります。

大切なポイントは、志望するクリニックの理念や対象の患者さま、注力している診療科目や分野などを調べたうえで、自分の強みを関連させることです。

これまでの実績

活かせる実績があるときには、積極的にクリニック看護師の志望動機に盛り込むと、即戦力になると判断される可能性が高まります。

特に、クリニックで提供している医療技術の経験や、医療機器を使用経験がある場合には、すぐに活躍できると判断されやすくなります。

ぜひ志望動機に盛り込んでください。

これまでの実績をどのように活かしたいかを、ストーリー性のあるポジティブな内容で伝えると印象に残りやすくなるでしょう。

クリニック看護師の志望動機を書くときの注意点

クリニック看護師の志望動機は、以下のポイントを考慮して書くことが大切です。

  • 文字数に配慮する
  • 「ですます」調で書く
  • 嘘は書かない
  • ポジティブに伝える
  • 結論から書き始めて簡潔にまとめる

志望動機が短すぎると熱意が伝わらず、長すぎると何を伝えたいのかがまとまらなくなります。

文字数は200〜250文字、長くても300文字以内に収め、簡潔かつ熱意が伝わるような内容を考えましょう。

たとえ転職理由がネガティブな内容であっても、ポジティブな表現に言い換えることが大切です。

例えば、人間関係が原因で転職を決めた場合は「チームの一員として連携をとりながら働きたい」「スタッフ同士の意思を尊重し合いながら働きたい」などと言い換えられます。

クリニック看護師の志望動機の例文

クリニック看護師の志望動機として、5つの例文を紹介します。

他クリニックの勤務経験をアピールする例文

【例文】

私はこれまで3年間、皮膚科クリニックで患者さまの診療補助に携わってきました。 貴院の「地域に根差した医療」という理念に共感し、これまで培ってきた経験と知識を活かして、地域住民の皆様の健康維持に貢献したいと考えております。   特に、皮膚科での経験で培った患者さまとのコミュニケーション能力を活かし、一人ひとりに寄り添った丁寧な対応を心がけたいです。   また、貴院が積極的に取り組んでいる訪問看護にも携わり、ご自宅で療養中の患者さまやご家族へのサポートにも貢献したいと考えております。

クリニック未経験だが病棟勤務の経験をアピールする例文

【例文】

私はこれまで5年間、大学病院の循環器病棟で勤務し、急性期の患者さまの看護に携わってきました。 貴院の「患者さま一人ひとりに寄り添った質の高い医療」という理念に共感し、これまで培ってきた経験と知識を活かして、より質の高い患者様中心のケアを提供したいと考えております。   大学病院では、多くの患者さまを同時に担当するなかで、十分なコミュニケーションがとれないこともありました。   貴院は患者さまとの距離が近く、じっくりと関わることを大切にしている環境と伺っております。 ここで自身の経験と知識を最大限に活かし、患者さまに寄り添った質の高いケアを提供できると確信しております。

未経験ながらも意欲を示す例文

【例文】

私は、これまで大学病院のICUで3年間勤務してきました。 貴院の「地域に根ざした医療」という理念に共感し、志望した所存です。   病院勤務では急性期の患者さまの担当が多く、在宅医療や訪問看護の経験はございません。 しかし、常に向上心をもって業務に取り組むことをモットーとしてきました。 貴院でも在宅医療や訪問看護の知識や経験を身につけ、地域住民の方々に寄り添った質の高い看護を提供したいと考えております。   また、私は防災訓練やゴミ拾いなどの地域活動に積極的に参加することで、地域住民の方々とのコミュニケーションを大切にしてきました。 貴院でも患者さまと積極的に関わり、信頼関係を築きながら、地域医療の発展に貢献していきたいと考えております。

そのクリニックの理念に共感した例文

【例文】

貴院の「患者さま一人ひとりに寄り添った医療」という理念に深く共感し、志望いたしました。   これまで私は、病院の外来で5年間勤務し、放射線外来なども経験してきました。 放射線外来では、治療の大変さからつらい気持ちを吐露される患者さまもいらっしゃいます。 私は、患者さまとのコミュニケーションを何より大切にし、心のケアも心がけてきました。   がん治療専門クリニックである貴院で、これまで培ってきた経験とスキルを活かし、患者さまに寄り添った温かい看護を提供したいと考えております。

出産・育児などのブランクがある場合の例文

【例文】

貴院の「子どもの成長に寄り添う医療」という理念に共感し、自身の経験と熱意を活かして医療に貢献したいという思いから志望いたしました。   私はこれまで小児科病棟を8年間経験し、自身の子の乳児健診や育児相談を通して、子どもの成長を見守る地域医療の重要性を強く感じました。 出産・育児を経て、より一層子どもたちの心とからだに寄り添う看護の大切さを実感しています。   貴院では、地域の子どもたちと密接に関わり、病気の早期発見だけでなく、成長や発達に関する相談にも力を入れていると伺い、私の経験と熱意を活かせる環境だと確信しました。   これまで培ってきた知識と経験を活かして、子どもの成長を見守り、地域医療に貢献したいと考えております。

クリニック看護師の好まれない志望動機

クリニック看護師の志望動機を考える際、以下3つのポイントは避けるようにしましょう。

  • 自分都合のことばかり書いている
  • 勤労意欲が感じられない
  • 動機があいまい

それぞれ解説します。

自分都合のことばかり書いている

クリニック看護師の志望動機には、自分都合のことばかり書いてはいけません。

採用担当者からの印象が悪くなる可能性があります。

たとえば「自宅から近いため志望します」「資格が取得できるため志望しました」など自身の都合のみの志望動機は避けたほうがよいでしょう。

自分の都合ばかりで「クリニックに貢献できないのでは」と判断される可能性があります。

また、給料や制度などの待遇面のみを志望動機とすることもおすすめしません。

志望動機はクリニックに貢献する意欲を伝えることが大切であり、待遇面ばかりを内容に盛り込むと自己都合な人と捉えられる恐れがあります。

「他に条件のよいクリニックがあれば乗り換えるかもしれない」と懸念されることにもつながるため、注意が必要です。

勤労意欲が感じられない

勤労意欲が感じられない志望動機も避けましょう。

クリニックが求める人材は、意欲的な看護師であるため不利になります。

たとえば「ワークライフバランスを重視しており、残業がなく有給消化率も良い貴院を志望しました」などの表現は避けましょう。

また、勉強熱心さをアピールする際に注意が必要なケースもあります。

「学ばせていただきたい」「研修を通して戦力になるよう頑張りたい」などの表現は、前向きな姿勢をアピールしているつもりでも採用担当者は「自分で成長する機会をつくらない受け身な人」と判断するかもしれません。

就業先は学ぶ場ではなく、仕事をする場です。

学ぶ姿勢や熱心さをアピールしたい場合は「成長して貢献するために、積極的に自分を高めていきたい」などの内容で書くとよいでしょう。

動機があいまい

口先だけのあいまいな志望動機も、書かない方がよいでしょう。

志望動機が漠然としていると採用担当者に真意が伝わらず、熱意の根拠がわからないと採用に不利になる可能性があります。

たとえば、具体性に欠ける「貴院の理念に感銘を受けました」「早く貢献できるように努力を重ねます」などの表現は避けましょう。

志望動機では「なぜそのクリニックを選んだのか」を具体的に書くことが重要であるため、そのクリニックの特徴を入念に調べておくことが大切です。

まとめ

クリニック看護師で効果的な志望動機にするには、そのクリニックを選んだ明確な理由に加え、自分の強みやこれまでの実績を盛り込みます。

志望動機はポジティブな表現で簡潔に、200〜250文字程度で書くのが理想です。

考える際には、曖昧な動機や、自分都合で勤労意欲が感じられない内容にならないよう、注意が必要です。

能動的に成長して戦力となれることをアピールすると、好印象を残しやすくなるでしょう。

この記事を参考に、自分のケースで考えてみてください。

SNSシェア

  • LINEアイコン
  • facebookアイコン
  • Xアイコン
記事投稿者プロフィール画像 NsPace Careerナビ 編集部

「NsPace Career ナビ」は、訪問看護ステーションへの転職に特化した求人サイト「NsPace Career」が運営するメディアです。訪問看護業界へのキャリアを考えるうえで役立つ情報をお届けしています。

関連する記事

NsPaceCareerとは-PCイメージ画像左 NsPaceCareerとは-SPイメージ画像左

NsPaceCareerとは

訪問看護・在宅看護に特化した
求人情報検索・応募のほか、
現役の訪問看護師や在宅経験者への無料相談や、
事業所への事前見学申し込みが可能です。

NsPaceCareerとは-PCイメージ画像右 NsPaceCareerとは-SPイメージ画像左